2009/1月 1 / 4 ページ

嵐の様な1月が終わります

新年会もようやく落ち着き少し時間ができました。

2月12日からの第1回定例議会の準備として会派の勉強会や代表質問のお手伝いなどはありますが、あの嵐のような忙しさからは解放されました。

時間の余裕と共に心の余裕もできたのか、3年前にタイムスリップして、また、亡くなった主人のことが心の多くを占めるようになりました。

クリスマス、新年、卒業、入学、様々な思い出を共有し、語るべき相手を亡くした今、私にとって、これからの人生は本当に辛いものです。

しかし、励まし、応援してくださる皆様のために、また大好きな札幌市のために頑張って活動していきます!

広報活動と新年会

今日は10時から午前中、自民党の広報車に乗ることになっています。
最近は暖気ですが、選挙の時の寒さがよみがえってきます。
一杯着こんで暖かくしていかねば、風邪をひいたら大変です。

明日2月1日から福井県に視察に行きます。

女性の就業率、共働き率、共に全国一の県であり、子育て支援も充実しているとのこと、わが会派の女性4人に男性2人の6人での視察です。

月曜日の朝一で県庁訪問のために日曜日の午後出発します。
小松行きはあまり便数がないので、13時10分千歳発です。12時少し前にはJRに乗らなければ間に合わないようです。

昨日、長女が体調を崩したので(胃腸炎と熱)、病院へ送りたいのですが、10時に広報車が来る予定なのでリエに頼むことにします。

明日、少し良くなってくれるといいのですが。

夜は新川文化芸能協議会の新年会があります。合間に荷物も詰めなくては。

子供がいくつになっても、子供たちのことは自分以上に気になります。
子供達が幸せに成らずして、私の幸せなどないのですから・・・・・
親なら当たり前のことですが、父親がいない分その思いが強くなります。

私の勝手な気負いであり、子供たちには鬱陶しいだけだ、とわかっているのですが・・・・・・

税財政地方分権調査特別委員会&誕生日 パ-ト2

昨日の税財政地方分権調査特別委員会:長い名前。

つまりは地方分権にあたり国との関係を文字通り調査し考えていこうという委員会です。
昨年末、少し勉強しようと本を読んだりしましたが、どうもあまりよくわからない。つまり、まだまだ緒についたところなので、進展していない感をうけました。

市側からは、今年度、国から市へ移譲される河川と道路の説明がありました。
昨日も各党から3人が質問に立ちましたが、第3次勧告(本年5月頃の予定だそうです)が遅れている中、あまり進展性はなく、一様に「第3次勧告の前に、市としてしっかりと財源を確保し、地方の権限を主張すべきである。」という第2次勧告の時と大差ない議論に終始していました。

お昼を、めずらしく自民党女性3人(佐々木、小嶋、横山)が揃ったので、地下食堂でランチをしました。

お昼休みが45分になったせいで、役所周辺の食べ物屋さんが泣いているという話になり、そういえば、心なしか地下食堂でさえ空いているように思いました。お弁当派が増えるのは景気の影響もあるのかもしれません。

煮詰まっていたのか、かなりしょっぱい「和風麺」500円を食べ午後は
国際部の担当者からエイペック誘致の札幌市の取り組みについて聞きました

来月の勝木議員の代表質問の資料集めのお手伝いです。

夕食は子供たちが私の誕生会(あまり誕生日を祝えない年になりましたが)を開いてくれました。
わたしの好きなものづくしで3人が腕をふるって作ってくれました。極めつけは私の大好きなアイスクリームのバースデイケーキでした。

主人が亡くなってから、私はずうっと「この子たちを守らなければ」と思ってきましたが、守られていたのは私の方だったのかもしれません・・・

これからは、この人たちの負担にならないような生き方を考えなければと思っています・・・・少なくとも私の存在が何かを決める時の足かせにならないよう気をつけたいものです。

特別委員会&誕生日

本日10時から税財政地方分権特別調査委員会です。

早めに起きて準備を、と思ったのですが、洗面所の水が流れません。
昨夜からおかしかったのですが、今朝は完全に留まっています。

仕方がないのでお風呂の方で洗顔、歯磨きをしましたが、
いつもの「なんとかしなきゃ」精神がムラムラと頭をもたげ修理にとりかかりました。
排水パイプの下にバケツを置いておいたのですが、勢いでずれてしまい
床が水浸し。
その処理に手間取りましたが、悪戦苦闘の末、パイプのエルボの部分を掃除して、きれいにすると水がスイスイ流れました。
感動!

驚いたことに、誰が落としたのか(落とした記憶はないが、犯人は私みたい)糸楊枝にゴミがからまったのが原因のようでした。

昨夜、自衛隊協力会の新年会での幹部の方のご挨拶を思い出しました。

この暖気で雪像づくりは何度もやり直しをして大変ですが、そこから様々な工夫が生まれます。災害時のあらゆる困難に対処するのにいい勉強になります。という趣旨のことをおっしゃっていらっしゃいました。

わが家も男手がない分、みんなで協力して大工仕事をしています。

先日はマリが台所の電気のグロウを取り換えていたし、リエが壊れた戸棚の戸をドライバーで直していました。

直ったときの感動も味わえるし・・・しかしなんで私の誕生日なの。

天国の階段

タイトルに惹かれて見ました。韓国ドラマのタイトルです。

ドラマ自体は、いつものお決まりのイジメとすれ違いと病と交通事故、そして美男美女がこれでもか、これでもかと涙を流しながら運命の赤い糸を必死に守ろうとする、といった韓国ドラマそのものでした。

その構図がわかっていて、「やれやれ、またですか。」と心中思いながらこちらも涙ぐみながら最後までみてしまうところが韓国ドラマの凄さです。

病による納得できない永遠の別れが私には、共感できたのかもしれません。

時々、ふと苦しい時「天国に行くと、主人はじめ亡くなったもう一度会いたい皆に会えるかしら・・・いつ私はそこへ行くのかしら」と思うことがあります。

そこに着く日は誰もわからないけれど、人間は皆、毎日少しづつ階段を昇っていることは確かなのです。

ちなみに明日1月29日は私の誕生日だということを思い出しました。

あんがい、もう階段を結構昇っていて、そう遠くない日に再開の日が来るのかもしれません・・・・・

元気を出して頑張ります!

昨日午後1時から吉川先生の新春の集いがありました。
心身ともに重く、パークホテルのような晴れがましい所へは出たくない気分でしたが、他の北区、東区の先生たちと一緒に行くことにしました。

吉川先生ご自身は、国会が召集されており、禁足令がでているため帰ってこられないので、ご子息お2人がいらしていました。

いつも、議員の家族は大変です。ご長男が東京で秘書をしていらっしゃるそうです。

うちも、息子がいたら私ではなく息子が主人の跡を受けてくれたかもしれないのに・・・・
などと、ぼんやり考えていたら、「横山さん!ガンバッテいますか!」と大きな声が。

見ると、前市議の北区0先生。いつも大きな声で激励して下さるのですが、この日は私に元気がなく「ええ。なんとかやっています。」と答えるのが精一杯。

すかさず「なんとかではダメだよ。一生懸命やらなきゃだめだよ。ご主人の後なんだから!」

そうです。主人の後であり、その皆様の思いで私は当選できたのです。
そして、そのために「前市議」になった人がいるのですから・・・・

今日は、(その会場にいらしていたのかどうかはわかりませんが)お電話があり、主人のJC時代の友人が会社の新年会におよび下さいました。

ありがたく感謝して元気にいってきます!

・・・・・・・・・・6時からの会に出て、少し、前に帰宅しました。

夜9時です。

JCの主人の仲間にお会いできて、本当に元気がでました。

「亡きご主人の横山光之さんの代わりに奥さんががんばっています。」と言われると、すべてを超越して、精一杯生きなけりゃ!と思います。

こういう苦しい時に、お声をかけて下さったフジカワ社長さん、本当にありがとうございました。

朝から疲労感・・・

外はパラパラの雪。ストーブは燃えていえます。いつもと同じ朝の光景。

時間に余裕もあり、昨日までと雲泥の差で楽な一日の始まりです。
なのになんでこんなに心が重いのか。

この1か月、特にこの週末いろいろなことがありました。
少し心の休養が必要なのかもしれません。

時は過ぎゆく・・・・・・

3年前、主人が亡くなった時も、今日も変わらずに夜が明け陽が昇ります。
個人の悲しみや、生活、生き方に関係なく時が流れていきます・・・・・

そのことが何故か納得できずに腹立たしく思えた日が長く続きました。

けれど、その誰かの人生の一コマを、包みこむ大きな力、流れ、に素直に従って生きていくしかない、と思えた時に、ふっきれたような気がしました。

五木寛之著「大河の一滴」を思い返しています。

私の敬愛する人たちに大きな悲劇が起こっても、私は予定で今日も新年会へ行かねばならない。

この現実に私は戸惑いながらも従うしかないのです。心は重いのですが、いってきます。

・・・・・・・・

今日の2か所の新年会で大方の新年会が終わり、後は1日1か所のペースです。やれやれ・・・・・。
明日は役所の用事が二つと昼と夜1回づつの新年会です。

やっと平常の生活に戻れます。今は嵐の後の虚脱状態からか若干の鬱状態。

ご挨拶・・・・・

一日が始まります。忙しい一日となりそうです。
サンプラザに午前11時、2時、5時と3回行くことになります。

何とか無事終了するよう頑張らねば・・・頑張らなくとも1日はすぎていき時間は経つわけですが、帰えってきた時自分で自分に「よくやった!」と心の中で思えるようにしたいのです。

その、ポイントの一つが「挨拶」です。
その新年会、会場によってご紹介は様々です。名前だけを読み上げの所もああれば、壇上で一言いわせてくれるところ・・・・そして会の進行もマチマチでほとんどは会の冒頭ですが、懇親会の中でのスピーチの場合もあります。

出席の方々の顔ぶれと会の性質によって、言うこと、挨拶の内容も若干かえなければなりません。余り、聞いてないのかもしれませんが・・・・・

昨夜は考えていた挨拶と全く違う内容になってしまいました。
北区の母子寡婦連合会でお子さん連れも多く、ミノベ先生がご自分の体験から母子家庭についての思いを盛り込まれたお話をされました。

私は、壇上で急に自分も寡婦であり、この人たちも同じ思いで生きていらしゃるのだ。と思った時に、今の自分の心の中が声にでました。

私は自分の思いを率直に声に出せるような挨拶がしたい、と思いました。

今日の、6か所、「自分の言葉で自分の思いを語れるように努めます!」

新年会の嵐の最終日に向けて、いってきます!

・・・・・・・・・・・

夜です。長い一日が終わりました。体力をなんとか保持しようとドリンク剤を開けた時に切った指の傷が痛みます。

心が痛むことがありました。関係者の気持ちを考えると本当に、いたたまれない思いです・・・・・・

亡くなった方のご冥福と、関係者の平安を祈らずにはいられません。この世には理不尽なことが多すぎます。何をどうすべきか・・・・答えが見つからないもどかしさに先ほどから苛立っています。
自分の思いつく今日出来得ることはしました。

疲れも限界です。明日ゆっくり考えることにします・・・・

大きな会と小さな会

北法人会新年会と新川第2町内会の新年会がありました。

北法人の新年会、大勢の会社関係の方と税務署のえらい方がみえていました。日ごろお世話になっている会社の方と新年のご挨拶。

これで今週連続月~木まで毎日サンプラザに来ています。

今日は午前11時とごご6時30分の2回。
そして明日は11時、2時、5時、と3回、サンプラザで新年会がありますこの1週間は皆勤賞です。

明日はこの合間に鉄西と新川西会館、新琴似西会館があります。先週に引き続きまた、嵐の土曜日です。

デジカメを持参しても撮る余裕が無いままに移動です。
これでいいのかな、と思いながら会場を後にします。

昨日の新川の新年会は最後までいて、女性陣とゆっくりと、亡き主人の思い出話などをして、とてもアットホームなムードでよかったです。
あまり会場をハシゴしないで、「こういうのもいいな。」と思いました。

今日は更生保護女性会と北区母子寡婦連合会とともに女性の会です。
午前、午後と時間が分かれての新年会なので皆さんと御話する時間がありそうです。

大きな会合も、こじんまりとした会も、やはり共に大事です。

外はまるで春のような気温で雪が溶けています。明日もこうでありますように!

以前の投稿