2009/3月 1 / 3 ページ

春うらら

寒いけどなんとなく春のやわらかな日差しも感じられ春うらら。

4月1日は私の妹の誕生日です。

どんな時も、相談に乗ってくれ励ましてくれるありがたい存在です。

私は娘3人なのに妹は息子2人です。それぞれ子供たちのこと親戚のことを気兼ねなく話せるので、時間があると電話や会っておしゃべりをします。

両親が私にくれた最大の贈り物です。

明日はお互い忙しいので今日会ってささやかなプレゼントを渡そうと思っています。でもその前に、後援会の方のご主人が亡くなったという連絡があったので、弔問に行かなくては・・・・・

上京中に葬儀が終わっているので、自宅に行くことになるので、駐車の関係もありエに送ってもらわなければ・・・・やはり夕方にしょうかな。

その前に、10時から新聞の打ち合わせがあります。

3年目の春をむかえるにあたり新聞を出す予定で準備しましたが、私の時間がなくなかなかはかどりません。

一つひとつ片付けて行くしかないようです。
先ずは、9時までに役所に行ってきます。

・・・・・・・・夜です。

用事が終わって、弔問に行きました。

ご主人は77歳とのことでした。
女性の平均寿命が男性を10歳も超える現在私や今日のお宅のように、
「未亡人」が増えることになります。

男性が独り残されるよりはいい、とも言われますが、どちらも残される方は
その後の気持ちの整理が大変です。

きっと、何年経っても、心の空洞はなくならない、と思います。

でも、自分の気持ちに折り合いをつけて生きていくしかないのです。

故人のご冥福と奥様の心の回復を祈らずにはいられません。

東京の写真です。

女性政策研究会には約100名が参加。熱心に質疑応答。

夜、「火鍋」とやらを、食べました。寒いので温まりました。

帰りに六本木の『ミッドタウン」を見ました。巨大さと人の多さに圧倒されました。

女性の力

3月30日:昨夜遅くに帰宅。
東京も寒かったけれど、やはり札幌はさらに寒い。

自民党の女性部主催の政策勉強会に自民党市議会4名の
女性市議で参加し勉強になりました。

講師として、野田聖子議員、小渕優子議員がそれぞれ、消費者省、と少子化対策について講演して下さいました。

お二人とも、若く、美しく、話は歯切れよく要領よく、天性の政治家というか二世議員の持つオーラがありました。

司会は女性局の代表でもある山谷えりこ議員で、この方は聖心です。
たしか私と同じ年で、私の友達と親しく誘われて札幌での講演を聞いたことがありました。

記者として活躍中にご主人が急死され。その後政治家として頑張っておられます。

女性がこんなに活躍している姿を見ると元気がでてきます。

その他の男性講師の先生達もこぞって、「これからは女性の時代、女性の力が期待される」とおっしゃっておりました。

力は微力でも、そのひたむきさ、真面目さは、多少感情的なところはあっても、評価されてもいいのかな・・・・・と手前みそに考えました。

今日は定例議会の最終日です。それでは元気にいってきます。

今日で一段落

3月26日:今日で私の理事としての仕事が終了します。

この一か月、正直疲れました。

質問との戦いでした。

本日、私は理事として、この予算特別委員会での、
わが党の質問趣旨を約10分位にまとめたものを読んで、
今予算について申し述べ終了です。

多分、1時からの本会議のあと2~3時間くらいで終わると思います。

夜、恒例の打ち上げがあります。

4月から新しい委員会です。
私は「厚生委員会」になりました。

自民のメンバーは勝木先生、村松先生、私の3人です。
主人の仲良しだった両先生なので楽しみです。

そして、4月から3年目がスタートします。
5月以降はいつ選挙(衆院選)になってもおかしくない状況であり、自分の選挙も迫ってきました。

フワーとした回想の世界と厳しい現実の世界を行きつ戻りつしながら、どちらへも偏ることなく、そのつど其のつど、必死に乗り切っていかなければ、

2期生:よこやま峰子にはなれません。

久々の本会議です。様々な思いを胸に「いってきます。」

・・・・・・夜です。
今日も一日が無事終了。朝立ち寄った所に携帯電話を忘れ、戻って時間がないのでタクシーで11時45分の理事会へ。
タクシーに乗っている時に、議会事務局の担当から電話。
「今日、理事会がありますが、大丈夫ですよね。・・・」と担当者。
どうも24日で全ての質問が終了した喜びで「終わりましたね。」と私がしみじみ言ったので、24日で理事会も終了と勘違いして、もしかして来ないのではないか、というありがたいお心遣いに感謝。
本当に、担当の若い方にはお世話になりました。

今日は「討論」も無事終わり、各会派の問題意識がよくわかりました。
明日は朝一番で上京します。東京も寒そう・・・。

校歌のこと

東京の同級生から手紙がきました。

中に母校の日本全国の校歌の譜面と歌詞が載っている冊子が入っており、同封の手紙には、

「先日、東京の本校でミサと各校の校歌を披露するという催しがあり、東京在住の同級生が何人も出席しました。
サプライズで美智子皇后さまもおいでになり各校の校歌をお聞きになっていかれました。とても感動しました・・・・最後にシスター三上(私たちの頃の校長)が「札幌のが一番良かった。」とおっしゃっていました。」

と記されておりました。

私が、校歌を作詞した頃は私の人生の一番忙しい時期でした。

学生時代を懐かしみ、自分をふくめ皆へのメッセージとして
3番の歌詞の終わりを

「神のみ旨のままになれかし・・・・・」としました。

15年も前に書いた詩の本当の意味を、その言葉の重さを

今、あらためて、身をもって知ることとなりました。

「雪の降る街を」でも有名な中田喜直先生の静かな旋律は私に

人生の喜びと悲しみ、人生の深淵を感じさせます・・・・・・

諦めではなく、開き直りでもなく、自分の人生の全てを素直に受け入れて

生きていけたら・・・生きていかなくては・・・と思います。

おやすみなさい。

春の夢

昨日夢を見た。

雪解けの夕方、主人と長女を車に乗せ、私が運転している。

「良かったね帰れて。」という私に、何故か毛布にくるまっている主人が微笑む。隣に今は外国にいるはずの長女が付き添っている。

私は夢中でワクワクして、薄暗闇の中、家に向かって車を走らせている。

夢の中で、「このままでいて、このまま覚めないで・・・」と心で念じて、その不思議さに「これって本当!」と思ったとたん目が覚めた。

正しく「春の夢」。

昨日、最後の質問も終わり、昨夜の会合で主人を知る人から「本当に信じられませんでした。」と言われ[本人が一番信じられなかったと思いますよ」
と答え当時のことを鮮明に思い出した。

それで、また、私の回想癖が再燃したせいかもしれません。

私のワクワク感も夢も全てが亡き主人へと繋がっていきます。

「もう一度会いたい」

この夢が叶うとき 「ひとりで頑張ったね」 と言って欲しい。

そのためにだけ、今、私は毎日を生きています。

ワクワク感を求めて・・・・

火曜日は、プラスティクゴミの日、そして「火曜市」の日です。

先日、読んだ瀬戸内寂聴さんの記事に「毎日忙しく暮らしていても、何か心が浮き立つ、ワクワクすることを持たなければ人生が楽しくない。
何か、自分が嬉しくなるような、惹かれるものを持ちなさい。」とあり寂聴くさんは、密かにケイタイ小説を書き、ひそかに(名前を隠し)発表して若者に大反響を呼び大いにワクわくしたとか。

同じレベルで言うことは憚られるのですが、私は「セール」が大好きです。

デパートの催事場でもよく、「毎度、ありがとうがざいます!」と声をかけられ、リエに「毎度、きてるの?」とあきれられます。

東急デパートの9階は私のお散歩エリアです。

いちご2パック500円、卵1パック98円カマンベールチーズ208円、etc。

つい最近の私の戦果品です。でも食料品はまだいいのですが、私は「靴」が大好きでつい買ってしまいます。(外反母趾なので履きやすい靴はすくないのですが、何故か靴売り場は素通りできません。)

以前見たとき1万円の靴が季節はずれになり、5000円になっているのを見てしまうとつい買わないのが「損」のような気がしてきます。

かくして、靴箱に新旧取り混ぜて靴があふれています。

「一足買ったら、一足すてる!」りえの天の声が聞こえます。

幸い今日は夜、会合が入ったので「火曜市」は無理です。
しかし、こんなことではなく、もっと知的なレベルのワクワク感を探して
春から何か始めようかしら?

その前に、7月有料化を念頭に、家の大掃除に取りかからねば・・・

先ずは、今日は最後の質問(病院局にもずいぶんお手数をかけました)にワクワクカ感をもっては臨めないけど・・・・真剣に質問します。

最後の理事会もあります。元気に「いってきます!」

質問の仕方を考える・・・

今日は、3時から経済委員会がありました。

4月1日から地下鉄の携帯電話利用が緩和されるのに伴い、電磁波で体調をくずし具合が悪くなるという方の陳情がありました。

各会派から質問がありましたが、結局、継続審議になりました。

公共交通のあり方として、利便性と弱者を守るという観点から議論がなされました。

双方の言い分、どちらにも共感します・・・・難しいです。

議論の内容もさることながら、今日は改めて質問の仕方を考えてしまいました。

あまりに感情的な質問は、逆効果なのでは・・・・。

声高に理事者を責めたり詰問することが、よい結果につながるとはおもえません。
必死さや誠意はむしろ感情を抑えて、穏やかに質す方が相手に伝わるのではないでしょうか・・・

せっかく詳しく丁寧な質問なのに、聞いていて全員が叱られている気分に陥り肝心の焦点がボヤけてしまったように思いました。

これは、質問するときに気をつけなければ・・・・。

明日はいよいよ最後の病院局の質問です。
明日で理事も終了。ヤレヤレ・・・・終わってホッ。(まだですが)

これから、もう一度質問を見直す予定です。おやすみなさい!

ありがとう!

先日ブログに「 何かいいことがないかしら 」と書いたら本当に、いいことありました。

昨日の会合で「毎日ブログ見てますよ」と言われました。

少し照れくさい気もしますが、とても嬉しくなりました。

時折、アクセス数をみるのですが、リエが「おかしい?一体誰がみるの?」というので私も「ホントに誰が読んでくれているの?」と思っていました。実際にその中のおひとりに、お会いできて感激です!!

毎日私の、「ひとりごと」にお付き合い下さり、本当に有難うございます。

これからも、誤字、脱字、変換間違い、そして、わたしのかなり個人的というか私的な思い込み( 偏見? )の激しいことも多い、ブログを気に掛け目を通していただけたら嬉しいです。

日々の暮らしの中で、書くことで気づかされ、反省することが結構あるので、これからも自戒の意味も込めて続けていきたいと思っています。

それでは、麻生の会合に行ってきます。

母のこと

今日は亡き母のお兄さんの3回忌法要がありました。

私にとっては叔父ですが、とても面影が母に似ているのと、兄や親戚にも会うことができ、母の事が思い出されました。

8人兄弟の末っ子として生れ、兄姉から「チャメさん」(お茶目さんの意味らしい)と呼ばれていた本当に、性格が明るく天真爛漫な人でした。

隣に座った兄は「あなたは、おとうさんに似てるよね。」と言う。
確かに兄と妹は母に似て気持ちが優しいと思う。

言い訳としては、兄は長男として、妹は末っ子として、親に大事にされてきたけれど、私は・・・・・気性が似ている故か、いつも父とぶつかり、母をはらはらさせてきた。今、昔のことを思い出すと自責の念にかられます。

美味しい和食をいただきながら、遠い昔を偲んで、気が付くと1時30分。大慌てでグランドホテルからサンプラザの自民党北区連総会へ。

トイレで黒服からスーツに着替えて、どうにかセーフ。

総会だけ出席して懇親会は欠席、総会も懇親会も欠席、という方もいたので、私も法事最後までいたかったな・・・・

昨日の夜更かしがたたり、これ以上いると明日からの仕事に支障をきたしそうなので、挨拶と乾杯のあと、失礼して帰ってきました。

明日は午前10時までに麻生の会議に出なければなりません。

月曜日は忙しいのに・・・・3時から経済委員会があり、その前に病院局と質問の打ち合わせもあります・・・・26日に予算特別委員会が終わるのを心待ちにしています。

以前の投稿