2009/11月 1 / 3 ページ

昨年のこと

昨年のブログのタイトルに“11月最後の日に”というのがあり、「今日じゃない。ちょうど1年前私は何をしていたのかしら?」と読んでみたら、2回目の代表質問に追われている様子が記されており、10月、11月には「寒いけど、これから自民党の広報車に乗ります」と何度かありました。

昨年の今頃はこの状況を誰も予想だにしていなかったわけで、本当に政治は一寸先は闇です。

省みて、私も来年11月に少し余裕をもって選挙に臨めるように、準備に入らなければと、実感しています。

言うは易く行うは難し、ですが具体的な対策を考えます・・・・。

1年の速さ、時の流れの速さを感じながら21年11月30日、
11月最後の朝を迎え、今日も1日頑張ります!今日は麻生のクリスマス会の打ち合わせです。

政経セミナー

11月28日:道連の政経セミナーがパークホテルでありました。

1時から2時半頃まで。寒いし特別「出席すべし」というお達しもなかったのですが、後援会の方にも声をかけて来ていただいたので、行かないわけにもいかないか…と思ったのと谷垣総裁のお話を生で聞いておきたいと思ったので出席しました。

今自民党の置かれている状況が実によくわかりました。

壇上ではなく最前列に座る前代議の面々、前回の衆議院候補者の方々。
壇上には馴染みの代議士ではなく今回ただ一人選挙区で勝ち残った伊東道連新会長を筆頭に北海道の代議士の方々。・・・・総裁の演説の中味以上に現状を物語っていました。

来年夏の参議院選、そしてその後の知事、市長、道議、市議の地方選挙。

この冬の時代の後に本当に春がやってくるのでしょうか・・・。

演説の中の言葉、自助、共助、公助、(自ら共に働きそれでも駄目な時には公が助ける)が思い出されますが、そんな悠長な抽象的なことでホントにまた、政権が奪取できるのか・・・という極めて個人的な思いが募り、厳しい冬の寒さが益々身に凍みる午後でした。

気になること

昨夜も眠りそびれて、午前様。

ガイドブックに視察の工程表、机の上に積んであった資料、本会議の後、説明を受けた保健福祉局の資料・・・・眠れぬ時の友で睡眠薬となってくれるはずが、昨夜は反対に覚醒してしまいました。

今は、インターネットの時代で気になることがどんどん追求できます。

それは、時代を超え、地域を超え、台湾にホテルの予約もできるし、何年も前の韓国の歴史を知ることもできます。目の疲れさえ我慢すれば、何時間でも眠れぬ夜の相手をしてくれます。

今日1日の全世界、日本全土、札幌全地域のニュースが居ながらにして知り得ます。

ありがたいことですが、逆に言うと、その作業を怠ると世の中に置いていかれるような焦燥感を覚えて、パソコンの前から離れられなくなります。

眠れぬ夜の友でもあり、眠れなくするデビルでもあります。
こちらの状態によりいつでも、この二面性が変わります。

「気になること」が増え続けるのは、パソコンにより解決しょうとしたことが、却って増幅されていることもある・・・という事実に気がつきました。

40周年

今日は岩見沢更生保護女性会の40周年記念の式典があります。
私は議会があり行けないので祝辞を代理に頼みました。
熱心に活動されていて私の敬愛する会長さんの顔を思い出し、朝8時少し前、つい今しがたお祝いの電話を入れましたが既に出られた後でした。

40年の長きにわたり、民間のこういう方たちにより、日本の更生保護が成り立ってきた訳で、私も「忙しい、時間がない」とばかり言ってないで、何かお役に立たねばと日ごろの愚痴を反省・・・。

12月7日予定の北地区クリスマス会の準備のための役員会があります。

午前10時からの予定ですが皆さん30分は早く来て下さるので、これから用意です。

12月5日、6日、7日、13日と立て続けに4地区4か所でクリスマス会があるので事務所はプログラムや段取りでてんてこ舞いです。

例年のことですが今年は暦の関係で連日となり、混乱してしまいます。
この間に定例議会が入るので殆ど毎日が急行列車に乗っているようです。

この後の視察旅行の準備もしなければ・・・体と頭がキャパオーバーになりそうです・・・不謹慎ながら代表質問以外では、議場にいるときの方が気は休まります。一つ一つに自分なりに誠実にこなせたら・・・と思います。

第4回定例議会はじまる

今日から12月10日まで定例議会です。
昨年は2度目の代表質問に緊張していたことを思い出し、1年の流れの速さに驚いています。

今回は同期の西区・飯島議員が質問します。そして新年明けて2月第1回定例議会でまた、代表質問をします。1期4年で3会も代表質問に立たせていただくのは、主人の時代では考えられないことです。

ちなみに主人は11年半の任期中3回、つまり1期1回でした。
時代の趨勢でしょうか。自民党市議会の現状を反映しているようにも思えます。クリスマス会が一段落したら準備に執りかからねばなりません。

11月28日には自民党の道連セミナーが開かれます。少し明るい兆しがみえるといいのですが・・・・・。

まちづくりのための意見交換会

今日はサンプラザで”まちづくりのための意見交換会”と題した会議がありました。講師は中小企業診断士の後藤直樹氏。

基調講演は大型店の未来と中小店の未来というタイトルで大型店の時代は終わり、中小店の時代がやってくる~というものでした。

高齢化の時代にあり大型店・量販店から細やかな対応ができるパパ・ママストアの時代が2~3年後ににくる。そのためには選ばれる店となるためには3つのことが必要である。
○挨拶 ○身だしなみ ○丁寧さ・・・といったビジネス・マナーが大切であるとし、いくつかの例をだして話されました。

”規模の拡大から質の拡大へ””地元にもっと自信を、本業にもっと自信を”ということから最後にダーウインの「種の起源」を引用されて

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるわけでもない。
唯一、生き残るのは、変化できる者だけである。

と結びました。少し論理に飛躍があるかなと思いつつも、この言葉には惹かれました。

変化できるということ、その時々に対応できること、そのために柔軟性は大事ですが・・・・。

4時半から時間オーバーで6時半を過ぎ懇親会は立食で少し疲労感を覚えたので、早めに失礼してきました。

ガイドブック

広げたガイドブックの前で煩悶してます。

娘に会いに行くのに、ホテルをビジネスにすべきか、はたまた少し贅沢するか悩みに悩み、唸っています。

安い宿にして、その分娘にお小遣いにしたほうがいいのか、殆ど最初で最後となる旅行に少しの贅沢は許されるのか・・・・。

時間がないと、なおさら決断ができなくなります。今日の午前中まで期限です。娘に聞いたら「安くていいんじゃない」といわれるに決まっている。

嗚呼、悩む。ガイドブックの開いた場所にする、とか最後はとんでもなく原始的なことを考える自分に呆れる。時間です。いってきます。

週明けの朝

朝はいつも辛い。朝起きは苦にならないけれど、「今日も一日が始まる」と思うと心が沈む。特に大きな行事が終了した後とか週明けがひどい。

ある本に、”あなたの不安を書き出して下さい。案外「なんだ、これしきのこと」思えますよ。”と書いてあり、「なるほどね。」と納得して紙に書き出してみたら私の場合、なお一層不安が広がった・・・・

頭の整理にはなったので、今日はするべきことを時系列に並べ9時からスタートの予定です。

昨日の新嘗祭は古代から2669年続く日本の神事だそうで明治5年に11月23日となったそうです。宮司さんは、なんとか”勤労感謝の日”から
”新嘗祭”という本来の呼称にできないものか、とおっしゃっていましたが
どうなのでしょう・・・・・

10時からの政策審査会議(政審)の前に電話や私用が諸々あります。

動かないと、不安が増します。走り続けることで加速された力がエネルギィーになってくれます。
幸い今日は気温9度と例年より温かです。いってきます!

新嘗祭

にいなめさい・と読むということを一昨年知りました。
私の地元の新川にある神社の新嘗祭に出席して神事に出る機会を得て初めてその由来と意味もわかりました。

昨夜は深夜に用意していていないことに気付き、あわててお供えのお酒を買いに行きました。

今年の豊穣に感謝し来年の実りを祈願する・・・信仰とは別にこういう古くからの伝統ある行事に根付く日本の朴な感謝の気持ちが好きです。

あまりお天気はよくないですが、雪がないのでありがたいです。
11時半からの神事に間に合うようにいってきます!

冬の晴れ間

久々の休みに用事を足しに大通り方面へ向かった。ところが、「この先通行禁止」の看板がいたるところに・・・・なんだろう、こんな時期にマラソンでもないし、と思いつつ通行止めを避けて駐車場へ。普段の日曜日には考えれれないくらいの空き具合。地上へでて警備の物物しさに「日ハムの優勝パレード」と気付く。

この陽気がまるで優勝を祝しているようです。私は昔は巨人フアンで今は特に野球に興味はないけれど地元が優勝で湧き、元気・活気がでるのはいいことです。

シカシナガラ、デパートはこんではいませんでした。リーグ優勝のときはセールも盛大に行われましたが今回は殆どしていませんでした。

いずれにしても、冬のひと時,本当におめでとう!

以前の投稿