2011/4月 1 / 2 ページ

残された時間

 
今、しばしの憩いとして、読書を楽しんでいます。

「部屋の片づけも終わらないのに、ダメではないか」という心の声を聞き流し、妹から借りてきた本、そして買ってあり“積ン読”になっていた本たちと再会を楽しんでいます。

私は昔から、外よりは家で独りで居るのが好きでした。

社交的ではなく、人前で話すことなど最も苦手でした。

人手もなく、お金もなく、殆ど二人だけ事務所では、仕方なく主人の代わりに出る事も多かったけれど・・・。

平成18年9月14日に主人が亡くなってからの日々を改めて振り返ると、今もやはり、不思議な力を感じずにはいられません。

私自身が残された日々をどのように生きて行くか・・・家族、後援者、亡くなった舅・姑そして主人は何を望んでいるのか・・・

容易には答えのでない問いかけの中で私は、無謀にもこの道を選択しました。

想像以上に大変な状況でも、いつも誰かが助けてくれました。

後援会という応援団の他に多くの目に見えない力が、常に私を支えてくれているのだと思います。

人生の残された時間を充分に生きる・反省も後悔も全てを力に変えて生き続ける。

そのことが、支えてくれている方達への恩返しと信じて。

でも、本来の性質はなかなか変えようとしても、変えられず落ち込むことも多いのですが、どんな状態でも確実に時は過ぎていきます。

残された時間を計ることは誰もできないけれど、(わからないから人は頑張れるのかもしれないなあ)、

春の陽気に感謝して、残り時間を消化試合ではなく、
前向きに力の限り過ごすよう努めたいという思いを新たに!

ありがとう・感動の36年・・・お疲れさまでした!

 9時:美容室

10時30分:地元連町女性部総会

11時:ありがとう・感動の36年・パーテイ(引退議員のパーテイ)

1時半:札幌更生保護女性会理事会(総会)

新年会や夏祭りの数を考えると、日に3つの行事は忙しいうちに入らないのだけれど・・・とても疲れました。

原因の一つは、自分で運転して駐車場出し入れをして時間内に廻るのはやはりきつい。

それと、昨日のパーテイは、引退する議員のパーテイであり、思い出が走馬灯のように次から次へと過りました。

主人が立つた前年、平成6年後半からですので、16年間、楽しいこと辛いこと、さまざまなことがありました。

この偉大な議員の引退の時には、私などではなく主人よこやま光之がこの壇上で
「御苦労さまでした。ありがとうごあざいました。」と挨拶するはずであったのに、と思うと、胸が一杯になりました。

人生は何が起こるか分からない・・・・保障された明日など誰にもなく、だからこそ今・今ある時を懸命に生きなければならない、のかもしれません。

人様の主催したパーテイでは、”あまり自分のパーテイのような顔をして回ってはいけない、ゲストは早々に引き揚げるべき・”・・・

という不文律があり、見渡すと市議は誰もいなくなっていたので慌てて会場をでました。

36年間・9期という長きにわたり、市政・道政に携わるという金字塔を建てるためになされた私達には想像もできないほどの、ご苦労に心より敬意を表します。

今後は奥様と共に、リラックスした生活を送られますよう祈ります!




総会と勉強会そして現場。

昨夜は、6時から総会の後の懇親会があり、そのあと、勉強会ありました。

どちらも、6時から8時までなので、時間 調整に悩みましたが、なんとか両方を終了して帰宅が11時・・・・やれやれ。

今朝は、立て続けに3人3様の要望があり、{ウーン」先ずはできることからで電話にて第1段階。

1時から議員会があり、少し前に事務所に戻ってきたのですが
やはりこれは、現地に行くべきと思いますので、先ず、いってみます。

平均56,2歳

 新聞で女性議員の記事があり、道内の女性議員の平均年齢が
56・2才とか。

なんだか、嬉しくなりました。

世の中、”若さ、若さ”と若い議員が重用される傾向の中、私のような”おばさん”も元気に大勢頑張っているのだ、と思えることは勇気づけられました。

当選議員553人のうち、女性が81人で14,6%と前回に(13.3%の79人)に比べ微増したのも嬉しい。

女性は、生活者としての視点と、(手前味噌になりますが、)目的に向かいまっしぐらに進むという一途さがあります。

とにかく、”前へ”そして細やかな心配り目配りを忘れない、

そんな、みんなの味方としての議員を目ざしてガンバルゾー!

【写真】イラスト

 選挙期間中ウグイスとしてお手伝いしてくださった、漫画家の「やちくもえこ」さんがかわいらしいイラストを描いてくださいました!

スタート前



北海道の観光に関して、コメントをいただきました。

全くその通りで、深く心に刻みます。

比較的被害の少なかった観光地が、風評被害や自粛ムードの中で観光客の足が遠のくのは、困ったことです。

連日、報道される被災地の現状に胸が痛みますが、経済の活性化や景気の回復を考えると、

このゴールデンウイークも多くの人が積極的に街へ出て、通常通りの活況を呈してほしいし、そのために力を尽くさねばと思います。

さて、本日から連休前の週明け・月曜日です。

いつもながら、ブルーマンデイ・元気が出ない自分に鞭打ち、

午後から役所で5月2日からの本格的スタートへ向けての打ち合わせです。

まだ残る選挙の余韻も薄れ、いよいよ2期目スタートへ向け、いってきます!






金曜日・夜

昨夜は6時からの会合でサンプラザへ。

何も入っていない日もあるのに何故か同じ日の同じ時刻が重なります。
木曜日は、車も少なく時間調整がとてもうまくいきました。

昨夜は、そのつもりで地下鉄の方が早いかな、とも思いましたが丁度、タクシーが止まっていたので先ずはのりました。

ところが、4丁目あたりから込みだしました。
そして世の中は”花金の夜”だと気が付きました。

今、巷では“自粛を自粛しよう”という声があるとか。

私も、被災地の復興を願いながらも、一方では、経済を活性化、景気の回復のため、繁華街に足をむけるべきと思います。

沈んだ空気、停滞した状況からは何も生まれません。

昨日の新聞によると、台湾から300人規模の観光客が来道する事が決まったとありました。

大いに今後も期待したいものです。

さて、連休も、もうすぐです。

”何処かに行きたいな!”

でも、その前に自分の部屋の整理があります。

昔は子供達に「部屋をかたずけないうち、何処にも連れて行きませんよ」と叫んでいた自分が、

最近は、

「終わり次第片づけますので見ないで・・・」と言い訳し、家族に

「いいよ、どうせごみの移動でしょう・・・あきらめたら」と慰められている・・・情けない。

久々に、大掃除をします!



忘れてはいけないもの・・・・

 昨夜は、同じ時刻に2つの会合がありました。

選挙時と違い全て自分でなので、慌ただしく、また数か月ぶりの運転(右手の怪我により)なのでスピードダウンで・・・・。

早めに行き事前に皆さんにお礼を言い、6時半:サンプラザで挨拶を終え、すぐに駐車場に向かい、南1条2丁目まで行き大通駐車場に車を入れ、猛ダッシュで会場へ。

7時15分;到着。

既に石狩の道議の先生そして本間奈々さんもいらしており、まずは”遅れましてごめんなさい!”

どちらの会でも、本当に温かいお祝いと激励をいただき、感激でした。

同時に、この皆さまの想いをしっかりと市政に生かせるように、4年間を励まなければいけない、と痛切に感じました。

明日も会合が2つですが、応援して下さる方々にお会いすると、元気が出ます。
何か大きな力をいただいたように気持ちが明るくなります。

この感激・感謝を忘れずに今日1日も頑張ります!

【写真】花束from政経塾

先日の政経塾の総会にて皆さんから当選お祝いの花束をいただきました!


【写真】そば長さん

 先日、選挙期間中応援してくださった後援者のところへお礼のご挨拶に行ってきました。

東区ににある「そば長」さんです。
久々の外食。おいしいおそばです!




以前の投稿