2011/5月 1 / 2 ページ

忘れないで・・・・

 
昨日は朝の、見送りの折、、その中の一人から、

「本当によかったね。うちで学生さんから何からみんなで応援したんだよ。なかなか出なくてハラハラしたよ。当選が決まった時は涙が出そうになったよ。」と言っていただき、ぐち愚痴と悩んでいた情けない自分を大いに反省しました。

選挙が終わり、1カ月半。

今回の結果と経過と体制等々、見直すべき点の多さに押しつぶされそうになることもありますが、支えて下さる方の温かさを忘れないで、私にできること、私に求められていること、を想いながら、力の限り頑張ります。

結果は後から付いてくるもので、その事にのみ固執すべきではないのでした。
自分自身が納得できる4年間を過ごせれば、いいのです。

多くの反省点を次回に生かせるように、軌道修正をはかります。

さて、今日はあれも、これもと・・・現実は厳しい。

焦らずに一歩一歩・・・・。

、昨日のいい言葉に出会いました。

”多くの友人を持っている人ほど孤独に強くいられる”



北区連

昨日は自民党北区連の総会&懇親会がありました。 

2時・総会、3時半から懇親会の予定が20分程総会が長引き4時近くになりましたので、私は所用のため懇親会は欠席しました。

40回目ということで、長い歴史のある区連ですが、私が始めて出席した4年前と比べても党員の数も出席者も減りました。

北区は地域が10区に分かれていて、道議2名、市議4名と其々の地域から議員が出ており、私は一番南の殆ど中央区か、と言われている鉄西、が地元で幌北、北地区、新川、麻生、そして一部新琴似年と篠路と後援会が7つの地域にまたがっています。

”区連”の役員の方々も自分の地域は顔馴染みですが、他地区はよくわかりませんでしたが、総会の意見のやり取りを聞いていて、なんとなく実態がわかりました。

札連、道連と上部組織へ繋がっているわけですが、自民党そのものが、これからどのように変わっていくのか・・・・

自民のキャッチコピー”地方から政治を変える”のように下部組織から自民党中央を変えて行く・・・・ことを期待します・・・・・・。

今朝は、見送りです。地域のお世話になっている会が旅行にでるので”お見送りに行きます。

この会ではないですが、うっかり忘れて「お待ちしてましたがいらっしゃらないので出ます」という電話をもらい、高速の深川パーキングエリアまで追いかけてお詫びと見送りをしたことがあります。

多分、同じく会の顧問になっている道議も来るはずですので、遅れないようにサンプラザか次の停車場所まで早めにいってきます!



3日間

 5月26日は怒涛のような忙しさでした。

3時20分に委員会が終わり、「これにて、委員会を終了します」と委員長としての役目を終了ご、猛ダッシュで市立病院へ向かいセーフ。

私が医者に聞きたかったのは、”
1、本当に治るのか?

2痛みに耐えて使った方がいいのか、逆にあまり使わないでいた方が治りがいいのか”の2点。

医者いわく「大丈夫・治るから。なるべく動かすこと、リハビリと思って指の運動をすること」

つまり、大事にするよりスパルタがいいと解り、しからば、

痛さに耐えながらも運動がいいのであればと、出された湿布を貼り、ビタミン剤を飲み、3日間、暇さえあれば医師伝授の手の運動を繰り返したところ、かなり痛みが軽減。

朝のしびれ感は残るものの、改善が顕著。

人間も、その部品も、甘やかしては改良されないのかもしれない。

その夜、7時からの勉強会も足の鍛錬にと車を置き、歩いて会場まで行き帰りも歩いて帰宅。

この日は久しぶりに万歩計が1万近くなり、体調は極めて良好。

ただし、勉強会は私には理解しにくい話で帰宅後、改めて分厚い資料を読み、事の真相を考えました。

週明けから新しい動きが始まるのかもしれませんが、私としては慎重にしたいと思います。

さて、週末は総会が多いです。

連日、3日間、今日もサンプラザへ行きます。
2時からの会合と言うのは、時間的に真ん中で、なるべく午前か午後にしてほしい・・・と思うのは私の我がままでしょうか。

午前の用事を済ませ今日は北区の自民党・北区連の総会です。
道議・市議あわせて6名は相談役?顧問?として出なければなりません・・・・いってきます!

フル回転

 昨日から右手が痛い。

19日に定期検診で、「そろそろ、ご縁が切れてもいい頃なのに、あんまりだね。ステロイドをして様子をみましょう・・・」と、注射をし、3~4日は好調でした。

昨日あたりから、手の動かし方で激痛が走るようになり困惑。

大好きな御蕎麦やメモ書きをしていて顔をしかめることが多いので、昨日、診察を予約しました。

先生の診察日が月曜。木曜なのですが。この予約の変更が大変で、なんとかお願いして今日の3時半から4時にしてもらいましたが、その時間に間に合うかどうか・・・・心配です。

今日は、これから(7時45分頃から)朝の勉強会です。
今回は”防災について”で大いに期待しています。
昨年度の出前講座のテーマでも、災害・危機に備えてがダントツ1位であり、444回開講のうち61回・延べ3105人が講議をうけたとか・・・・市民の関心の高さがうかがわれます。

その後、10時半からの日赤の総会があります。

ここでも、講演のテーマが防災について、です。11時半からは市役所で”雪対策について”のヒアリング。

そして1時からは2回目の総務委員会です。
終わる時間が問題で、3時までに終わってほしいのですが・・・

そして、なんとか診察を受け、夜は7時からすみれホテルで会合です。

今日は、朝の7時半から夜9時まで頭と足(3つの会合・3つの会議・そして診察を受ける)をフル回転の日です。

全てがつつがなく終わりますように!

みゆき会

 今日は各地区のみゆき会の会長会議です。

選挙の時、炊事・電話を始め、精神的にも助けていただきました。

みなさんに会うと心が軽くなります。様々な課題が”何とかなりそうな気分”になります。

各地区ごとに課題もありますが、主人の時から続くそれぞれの歴史の中で存続させていかなければ、と思っています。

「最後に出来た”みゆき会”と一緒に選挙を戦えないのは、あまりに無念・設立のために奔走してくれたみんなに申し訳ない・・・」この言葉が私の背中を押し、今の私があります。

皆さんと共に頑張ります!

夕方は、始動の前に、作戦会議・・・・とはオーバーですが方針を模索したいと考えてキーパーソンと懇談。

昨夜は、某組合の総会・懇親会に出席しました。

来年が30周年とか・・・・主人の時から数えると15回目であり、つくづく私に繋げていただいたことに感謝。

この4年間を持てる力を出し尽くし充実して過ごしたいものです。



2つの講演会


昨日は2つの講演を聞きました。 

13時からは天使女子大の理事長でもある近藤潤子先生の
「いのちはいつから始まるか」というタイトルの講演。

日本における中絶率は高く、”芽生えた生命への生存権”、平たく言うと子供(胎児)を守ろうという運動。

運動に賛同し円ブリオ北海道の会員になってきました。

総会の前の講演会でしたので、2時半に終わると大急ぎで中央区民センターへ。

こちらも”世界連邦”の総会で、こちらは総会後の講演会でしたので遅刻でしたが講演には間に合いました。

北星学園理事長で世界連邦の理事でもいらっしゃる土橋信夫先生による
タイトル”学校教育における平和教育”でした。

世界連邦そのものは、主人からの引き継ぎで私はあまり理解できていないのですが、土橋先生の講演はとてもよかったです。

近藤先生も、土橋先生も、長きにわたり運動を実践されてきた方ですので、その言葉持つ重みがひしひしと伝わってきました。

資料の最後に終戦50年目の1995年・北星学園の平和宣言が掲載されおりました。

”キリスト教の精神精神に立つ学園としてこれまでの私たちのあり方を振り返り・・・・・戦争でアジアの人々に与えた多くの被害・苦しみを痛感しその責めにこたえていくことが同世代に生きる者の責任と考えます・・・・・・”

移動には疲れましたが、有意義な1日でした。





放課後の居場所

昨日は、同日にたまたま、2つの子供たちの放課後の居場所づくりの取り組みに出席しました。 

昼間は、新川地区の札幌市のミニ児童会館の取り組みとして、2つの町内会の有志のボランテイアが運営。
そこへ市が助成するというスタイルの放課後の居場所。

3月1日に開設し、昨日はその開設のお祝い式典。
札幌市の子供未来局の部長・課長さんも来賓としていらしておりました。

”西会館・ピース”の開設を多くの子供たち・父兄・関係者が喜んでいる様子が膚で感じられました。

夜は、いわるゆ民間の学童保育の総会に出ました。

何と、土曜日の6時からの総会に5会派から15名もの議員が出席しました。

時間の関係で各会派代表一人が3分の時間内でのご挨拶ということで我が会派からは宮村もとこ先生がご挨拶されました。

全会派の並々ならぬ意気込みに圧倒されました。

37年間、児童の父母が担ってきた負担を想うと”、少しでも札幌市からの協力を仰ぐために超党派であたらねばならない”、と痛感したところです。

かたちは様々であっても、子供達が健全に安全に楽しく毎日を過ごすことが、日本の未来に繋がっていきます。

私自身はそのために何ができるのか?

北区の学童保育の方から、懇談のご要望がでているので、先ずは今の状況・現状を聞くことから始めたいと考えています。

今日は、総会と講演会の2つですが、時間が同じで距離が東区と中央区で、どちらも駐車場がないそうなので移動が大変そうです。

でも、夜はないので少し本が読めそうです。

札幌市の事業

 今日は学童保育として3月にスタートした”西・こども館~ピース”の開館記念式典に行ってきます。

なかなか場所が決まらず、2つの町内会がそれぞれの町内会館で月曜から水曜・木曜から土曜と3日づつを受け持ち、先生の経験を持つ方が指導員として子供たちを見守る・・・というユークな学童保育です。

子供たちと様々な世代の交流と、2つの地域の交流を通して、子供たちの居場所が更に充実したものとなることを大いに期待します。

準備をしていたら、親せきから、”舅が少し認知症の傾向がみられるのだけど、どうしょう・・・”というメールが入りました。

私が厚生委員の時に、札幌市が開設した認知症コールセンターの電話番号を教えてあげました。

でも、今日は土曜日。

その時の自分の質問で「病人は昼夜問いません。是非、週末も開けて下さい!」と要望したのを思い出しました。

月曜日までに、少しでも落ち着けばいいのですが・・・・。

更に進んだ場合を考慮し、市立静療院の老人性認知症センターも紹介しました。

札幌市も老人から子供まで広範囲にわたり事業をしていますが、その在り方、その後のケアなどがどのようになされるのか・・・・しっかりと見ていきたいものです。

多くの看板を立てても、その実態が問題です。

それでは、新川までいってきます!





議会図書室

 時折、新刊本の案内が回ってきます。

いつも、サッと見て、屑かごにポイなのですが、その時は
”、相談委員、地方議員のためのカウンセリング術”・”議員力のすススメ”というタイトルに惹かれ、”買おうかな”、と思いました。

そして、議会事務局の図書室を思い出しました。

新刊なので今はなくとも、近いうちに入るのではないだろうか・・・・。

頼んでおいたところ、翌日机の上に置いてあり、感激でした。
これから、おおいに図書室を利用して勉強したいものです。

昨夜は、お通夜のあと、2冊を交互に読み至福の時。

昨夜亡くなった後援会の方は、朝・ご主人が亡くなっているのに気付かれたという、本当に「眠るがごとく」の死であったそうで、私もそういう死に方をしたいと切に願うのですが、家族にとっては、却って辛いかもしれないし・・・・。

右手は昨日先生が遂に「おかしい、もうそろそろご縁が切れてもいいのにね」と患部にステロイド注射をし、今朝は少し腫れがひいたような気がします。

このまま改善してくれるといいのだけど・・・。

病院の後、11時からの(私が司会をする予定なので)慌てて駆けつけた会議では、札連の方から今後の選挙の在り方、北方領土返還の運動を署名運動だけではなく、違う方向からも進めるべき等々の意見が出されました。

午後1時からの本会議では、初の委員長報告をしました。

今日は、夜の会合でまた、3軒を梯子です。
読みかけの2冊の本に心惹かれながらも、週末前の金曜日、日中は溜まった事務処理&連絡事項を片づける予定です。






総務委員会


本年は総務委員会に所属しました。

そして、昨日は委員長としての初日で少し緊張しました。
 

初めての委員長席は高く、職責の重さを感じますが、1年間一生懸命努めなければ、と思っています。

委員長に付帯する仕事も多く、時間的が取られる上、原則、委員長は質問ができないので、そこが少し辛いところなのですが・・・・。

5月17,18、19日と3日間の臨時議会が今日で終わります。
約143億円の(主に)被災者への補正予算が決まりました。

自民党も第1党に帰り咲き、議長も選出できました。4年前を思い返すと時の重さをつくづくと感じます。

今朝は朝一番で手の定期検診です。
やはり右手に違和感があり、鉛筆、お箸を握ると痛みがとれませんが、あれから5カ月・・・よくなるのかなあ~。

夜は、葬儀です。
先週の土曜日から続けて4回目のお通夜で、4人の方が亡くなりました。
急速な高齢化社会の実態を痛切に感じずにはいられません。

この分でいくと4年後はどうなっているのかと、不安が募ります。

先のことを憂いていても仕方がない・・・・し、

昨夜、同じサンプラザの中を2個所会合出席の疲れが残りますが、
収穫も多く、今日も1日頑張ります!

以前の投稿