2012/4月

5月・サツキへ

昨日4月29日は忙しい休日でした。 

午前10時からの民謡大会と12時半からの踊りの会がありました。

日本の伝統芸能の良さを知る機会ともなりました。

民謡はお腹から声を出す・腹式呼吸の健康への成果を目の当たりにする思いでした・・・皆さん若い・・・私のお隣の方は86歳とか・・・全然そうはみえませんでしたし、あの節のメリハリはきっと健康増進にたいそう有効ということを再認識しました。

もう少し若く時間があったら、挑戦してみたい芸能の一つです。

日舞は、私の女性部の会長さんが会主の発表会で、あでやかで楽しい時間を過ごさせていただきました。

夕方からは、少し書類の整理をしょうと思ったのですが、なんだか観賞疲れ!?か、ぼんやりとすごしてしまいました。

まだまだ休みはあるし・・・・この油断から連休最終日の後悔が、毎年続くという事を知りつつも・・・また今年も・・・・。

最近”親とは”と考えてしまいます・・・親も子もお互いを思い、だれよりもその幸せを願って生きている・・・けれど、なかなかコミュニケーションがとれないことも時にはある・・・・。

人生の後半3分の2以上を過ぎると、後悔も含めて長い道のりをとにかく必死で歩いてきたことだけは評価しようと思う。

とにかく、幾多の凸凹道を歩き今、元気に毎日を生きていることを
何かに感謝して残りを生き切らなければいけないのでは・・・と思う。

休みで少しぼんやりする時間ができると”なんで、こうなった?”と思うことが数多胸に去来し、そのことへの言いわけが多くなってきます・・・(加齢現象の一つかな・・・・)

明日からは5月・・・さわやかなサツキとなるよう祈りつつ・・・・。



古着屋?

 昨夜、懸案の部屋の掃除にとりかかった。
しかし、寒さが残る昨今、全てを春ものに替えるほどには温かくはない。

かくて部屋の中は古着屋状態・・・・嗚呼!

おまけに、寒い中ストーブをつけるべきか否か迷い、寒さを感じながら着れるかどうかの着替えを行ったため、少し鼻がムズムズというおまけ付き。

スーツが多い、
考えてみれば主人の時から、新年会はあり、敬老会や後援会行事にも一緒が多かったので古いのは18年前のスーツからある。そして、6年前に主人が亡くなった時、また増えてしまった。

何故か?

原因は先ず、痩せた。そして選挙に出るにあたり、黒、紺の喪中カラーが何枚か増えた。

その後、サイズが戻り、少し明るい色もの(ブルー)を買った。

そして、今、あまりタイトなスーツは苦手でゆったり目の身体にやさしいデザインにしている・・・つまり体型をカバーできる服がいい。

かくて、スーツの古着の山との格闘となってしまった。スーツは貰い手もないのでゴミ袋行きも多そうです。

連休の空いた時間は、この整理に没頭されそう・・・な予感。

さて、今日は一つ午前の案件を済ませ、午後から政審会そして夜は麻生の連町総会です。

今日のラッキーカラーは”黒”と新聞に書いてあったので、黒をベースの服にします。

本当に服に人生の歴史があり、見ると溜息がでます。

くもり空の中、思い出に浸るのは止め、今日1日のスタートをきることにします。いってきます!


眠気は意地悪

 こんな時に眠くなるなんて・・・と思う時に強い睡魔に襲われることがある。

例えば、葬儀の時、本会議の答弁を聴いているとき、委員会の自分の質問が終わったのに延々と質問者が切れない時、対面で話をして相手の話が堂々巡りの時、・・・・その他”ここで眠るのは困る”と思うのに睡魔に負けてしまいそうになる時がある。

今はその反対に午前2時になろうとしているのに、全然眠くない。

2泊3日の視察を終え昨夜帰札して、疲れているはずなのにとても目がかたく頭も冴えている・・・・頭ではなく意識がクリアであって、明晰なわけでないけれど。

とにかく、眠れない・・・視察のレポートも記憶が鮮明なうちに書いてしまいたいと焦るのだが資料を読んでもなかなか筆が進まない。

ボンヤリと今週の予定を考える。

明日の歯の治療から始まり、夜の会合が多い。29日日迄行事が続き30日からお休みに入る・・・それまでに私担当の視察レポートを終えてゆっくりと”お休み”に入りたいものです。

今回は4つの視察、それぞれ興味深く、内容の濃い視察となりました・・・連日、朝が早いのが初少々辛かったですが、メンバーにも恵まれ充実した時間を過ごせました。

東京の瓦礫処理においては、実に9名が参加となり、ました。

内容については後日書きます。

少し眠気がさしてきたので、明日に備えて、横になることにします。

明日のさし歯の値段も気になるところです・・・・あと何年生きるかどうか考えると保険対象のでいいかとも思いますが、あと数年でもきれいな歯でアピールしたいと思えば1本ウン万円も仕方がないとあきらめるべきか・・・悩みます。

本当に2時を回ってしまいました・・・明日から1週間頑張れば後はお休みです!ゴールデンウイークの予定を楽しみに明日へ向けてレッツ・ゴー!

午前1時

 
午前は突然、取れてしまった”さし歯”の治療。
午後からは札連のセミナ-券を売るのに、同僚議員と回りました。自分のではなく札連として支持を受けての券売りで、懐は全然温かくなりませんが、”仕事”の一環として無事終了してよかった。

夜は、同僚議員の会で、勉強会・視察・今後の方向性についての話をする機会として、初めての会合がセットされ意義深い会ができました。

なかなか、集まれそうで集まれないので貴重なひとときでした。

10時過ぎには帰宅して、すぐ就寝の予定がまた、ゴソゴソと何かやり始め、おまけに明日のことも気になり目が冴えて・・・眠れません。

1時:初委員会(文教)、3時:市政報告会 6時:業界総会があります。近々の日程もそうですが、年間の行事の日程も悩みが多いです。まあ一つづつ・・・・終わると1年が終わる。

きがつけば午前1時:。朝少し片づけることにしてねます・・・・・。


土曜 夜は更けて・・・・・。

 12日のみゆき会役員会も無事終了し、13日の金曜日も過ぎてゆき、やれやれと迎えた週末はまたも、後援会の会員の御通夜でした。

本当に今年は異常に多いです。

東区の斎場は余り行ったことがないけれど「ナビに連れて行ってもらおう」とタカをくくっていたところナビが名称でひいても、住所でも出なくて、条丁目を見ての斎場捜しで疲れました。

週末は、人手がなく、なるべく避けてほしいけれど・・・こればかりは仕方がない。

明日は、地元鉄西のみゆき会リーダー(役員)会です。

こちらも、みなさんの都合で日曜日となりましたので、日曜出勤してもらう予定です。気心の知れた方ばかりなので余り緊張感はないですが、総会がどういう形になるのか・・・・気にはなります。

月曜日は地元からの要請で、関係者が集まり交通局にきてもらい地下の”東急デパート横の東豊線エリア通路の通行不可の件”についての説明を聞くことになっています。

大分前から言われていたのですが、なかなか機会がなく今回、直接交通局からの説明が聞けるということで地元有志に話したところ、一挙に5名が話を聞きたいということになりました。

せっかく地下歩行空間も盛況なのですから、あの通行止めをなんとかしてほしいものです。

今日も地下は大いに賑わっておりました。寒い雪の期間が長い札幌にとってはとてもありがたい施設です。みなさんが使い易いように改善してほしいものです。

さて、気がつけば、もう深夜です。明日に備えて寝ます。おやすみなさい!

雪溶けの春・軽快に!

 何日前から書いていないのか・・・・”忙しかつた”のは毎度のことで理由にはならないけれど。


精神的に少し疲れてた・・・・ことは確か・・・この数日、後援会も、私自身もハプニングが多かったです。

月曜日は、何時も応援してくれている新川のNさんの家が火事にあいお見舞いに行ってきました。

昨日は北地区の頼りにしていたTさんの49日の前日のお参りにいってきました。

月曜日夕方ら火曜日にかけては”札幌政経塾”の例会が定山渓であり泊りで市政と経済と懇親と・・・濃い2日間でした。

火曜日は11時からの重要案件のため急ぎ定山渓を9時に発ち帰宅・・・・間に会いましたが精神的に疲労困憊。その後、市役所へ行き12時半から議員会と政審会がありました。

今日は、北地区みゆき会の役員会で11名が集まり会議です。
Tさんの49日に当たるので”黙とう”から始めようと思います。

15日は鉄西みゆき会の役員会の予定です。こちらは人数が多いので事務所ではない場所での集まりとなります。

どちらも、総会へ向けての準備と相談ですので、大事です。

昨日は、延び延びになっていた妹の誕生日のお祝いに、娘も加わりささやかなランチをしました。

毎日、いろんな事があり、そのたび皆さんに助けていただき、日々生かされています。今週は少し暇で事務所に居る時間が比較的多く、事務所に訪ねてくれた方とゆっくりお話ができ多くの力をもらいました。来週から連休までは視察もあり忙しい週となりそうです。

昨日札幌もようやく「雪溶け宣言」をして春がすぐそこまできています・・・ちょっぴり春らしく明るい服装で軽快に「いってきます!」

災害廃棄物処理

この件に関しての新聞記事は多いし、マスコミも連日のように取りあげています。

けれど、私はわからないことだらけ・・・・ホントにどうするのが、被災地にとっても受け入れ地にとってもいい方法は・・・判断がつかない・・・。

瓦礫の処理はみんなで協力して1日も早い被災地の復興を願わずにはいられない。

札幌市が受け入れないと言った途端に某新聞には“札幌市受け入れを拒否”と言う見出しが躍り、“絆を断ち切るごごき非情”の論調に。

私は、以前からこの手のバッシングには疑問を感じていた。

おりしも、4月4日、東日本震災により生じた災害廃棄物の処理に関する特別措置法第6条第1項に基づく広域的な協力の要請についての上田市長の回答が自民党の私の机の上に乗っていた。

以下、回答はこうである。

「安全に処理することが可能な災害廃棄物については、受け入れの用意がありますが、現在、国から示されている基準や指針では放射性物質に汚染された災害廃棄物の処理体制として、安全の確証が得られる状況にないと考えており、現時点では安全性が明確にされていない災害廃棄物を受け入れることはできません。

つきましては本市が通常処理している廃棄物相当の安全性が確保された災害廃棄物に関する情報提供をお願い致します。」


この回答を含めて、疑問点を明らかにするために環境局の担当に説明を聞いた。

先ず、私の認識と大きく異なったのが、「岩手県約476万トン(約11年分)宮城県約1569万トン(約19年)分と言われている瓦礫に関する処理年数は各県における一般廃棄物の量を単純に割り返したもので、此の示されている年数ほど処理の年数はかかからない・・・らしい。

現にスケジュールとしても、両県とも平成24年3月末までに仮置き場への移動・平成26年3月末・中間処理・最終処分となっており、
既に災害廃棄物の多くは仮置き場へ移動されている。

岩手の広域処理希望量:57万トン・宮城の広域処理希望量:334
万トンであり、全体から見ると2割に満たない量である。

そして、パンフレットによると“新たに仮設焼却炉も設備して処理を進めますが、それでも目標年度までに処理を完了させることが難しいため広域市処理のご協力をお願いします”とあります。

私は専門家でもなく、“できるだけ災害廃棄物は動かさずその域内で処理が望ましい”とも言われておりますし、その地区の復興のためにも費用面でも、また何よりも汚染被害を拡散させないためにも、地域内での処理が出来ることが一番と考えます。
そして、それは数カ月待てば可能な年数です。
なぜ“目標年度”にこだわるのかわかりません。

様々な資料を読むと、国の基準値のあいまいさにも疑問を感じます。当初100ベクレルだったものが何故・いつから8000ベクレルになったのか・・・・。

現在の札幌市の一般廃棄物の焼却後は13~18ベクレルだそうです。

いま、新聞のシリーズで瓦礫処理に関しての特集が組まれており、知事・札幌市長・岩手陸前高田市長と3人の方の考え方が掲載されました。其々の立場での発言の重さを感じます。

私は感情的には直ぐにでも引き受けたいと思いますが、国の言う「広域処理をお願いする全ての瓦礫は搬出前に放射線量の測定がおこなわれ、安全性が担保されるようになっています」
この安全性の担保に対する信頼が揺いでいる状態では、受け入れは無理と考えます。

4月20日に上京して瓦礫の受け入れに一番に手を上げた東京都のケースをじっくりと伺ってきたいと思っています。

今日は、本会議が終わって週末の資料整理をしましたが、さっぱり片付きません・・・片づけながら読むと捨てるつもりがまた、ファイルに戻し、ゴミの移動の1日でした。

ゴールデンウイーク

 気が早いけど、悩んでいます・・・・。

ゴールデンウイークの過ごし方。

気が早いと言っても飛行機は既に1カ月を切り安いチケットは入手困難。

28日・29日は行事が入り、ダメだけど、後半の3連休は、なんとか休めそうなので娘に会いに行きたいと想っているのですが、無理かな・・・そう想っていると昨夜夢を見ました。

元気でいるかしら?何故か、私のやり方がまずいのか、昨夜はスカイプが通じませんでしたし・・・・。

お金もさることながら、どうも一人旅は苦手です。

そこで、考えたのが”向こうが来る”という案。
これもお金と今度は娘の都合が合うかどうか・・・・。

結局、今年も家でゴールデンウイークの終わりに「嗚呼。どこかへ行くと良かった・あっという間に過ぎちゃった!」と嘆いている姿が目に浮かびます・・・ホント決断力なさすぎです。

今日も本会議です。余り長くなく終わりそうですが、その後夜はまた葬儀がはいりました。

少し遠いので気をつけて運転です。ことしで何十人目のご葬儀となるのでしょう・・・いくら冬は多いと言っても今年は異常に多いです。
失った支援者の数を想うと更に悲しみが深まります。

でも、今日は何日かぶりの好天のようです。
お天気に感謝して、元気にいってきます!





4月:新年度スタート

らくご無沙汰していましたが、4月新年度が始まりました。

昨日は、午後1時から役員会があり、10月3日の予定が決まりました。寒い中、北地区のレクリエーション実行部の方々が昨年に続き行事を決めてくれました。

荒れた寒い中を、地下鉄や男性が車を出して下さったりして、役員の10名全員が揃い定刻通りに始まりました。3時までかかり、プランを練り決めて下さいました。

心から感謝です。

午後6時からは“かでる27”で、草もう志塾主宰の例会勉強会がありました。雨風がひどく「行くのどうしょうか・・・」とも思いましたが、娘が送ってくれるというので、帰りの傘を持参で出席しました。

これが、眠気もぶっ飛ぶほどおもしろかったです。

“TPP亡国論・アメリカの狙いは何か”というタイトルで京都大学院准教授 中野 剛志 先生の講演でした。

2時間半はあっという間に過ぎ、最後に質問を振られた時には焦りましたが、この会に出始めてナンバー1・2を争うほど興味深い示唆に富む講義でした。

何でも、最近の著書が20万部も売れたとか、なるほどと頷けましたね。
是非私も読みたいものです・・・ブックスカフェでなく購入して読みたいと思う本にはなかなか出会えませんものね。

今日と明日は本会議です。今年度は文教委員会になりました。

余り、知識がないので“教育新聞”とやらをとってみましたが、月2回の新聞がだんだん積ん読になってきているので、どこかで気合を入れて私の得意のまとめ斜め読みをしなければ・・・・なりません。
自分で仕事を増やす・・・いつもの悪いクセです。

今、ゴミを出しに行ったら、外は吹雪の真冬でした。
日本のこの異常気象はどうなっているのでしょう・・・・。

さて、4月新年度:12日、15日のみゆき会役員会で又新しい本年度の予定が決まります。
既に
4月9日政経塾例会
4月18日新琴似北後援会市政報告会
5月20日北地区みゆき会総会&市政報告会
7月30日新川みゆき会15周年祝賀会&市政報告会
10月3日北地区後援会施設見学&市政報告会は決まりました。

みゆき会のクリスマス会&市政報告会も11月25日新川を皮切りに日程が決まっています。

春の寒さに負けず本年度も元気にがんばります!