昨日は予算特別委員会がありました。

私は本来,一部なのですが、昨日は質問が二部に関する事でしたので、一部の山田先生と交代していただき二部に出席しました。

11名が質問して4時近くに終了しましたが、その後、聞くところによると2部は長引き9時近くまでかかったとか・・・・。

交代した私はラッキーでしたけれど、本来2部の山田先生は全くお気の毒で申し訳ない・・・・私と替わったばかりに・・・・。

なんで、そんなに長くなるのか・・・・いつも思うのは、質問の前置きが長すぎる方が多い。
3分の質問内容が自己主張が多く30分となる・・・つまり、質問より自分の言いたいこと、会派の主張を綿々と繰り返す・・・・。

確かに質問して期待する答弁を引き出すために、説得は必要かもしれませんが、度が過ぎる方も多い。

今回の予算委員会は改選前の最後の委員会とあって皆さん熱が入るのかも知れません。

私も、4月からの雑ガミと古紙の仕分け強化について、質問しようとしたところ、2月10日の総務委員会で同じ会派の先生が殆ど私の言いたいこと、聞きたいことを質問しており、どうしたものか・・・・悩んでいます。

角度をかえて質問すべきか、主張したいことは違うので言いたいことはいうべきか・・・でも私たちは誰のために、何のために質問するのか・・・と考えた時、自分や会派のための質問はパフォーマンスであり意味がないとも思えてくるし・・・迷います。

昨日あたりから、小刻み地域回りの疲れが出始めて来ているのか、とにかく朝が辛い・・・

起きる前が非常に辛い・・体はすぐ諦めて起きるのに頭というか心が「今日も1日、頑張れるかしら??」と弱気になって、気が滅入る。

後援会活動の方は何人もの方が手伝ってくれており、廻っているのですが選挙活動そのものが、さながら指揮者のいないオーケストラのようです。

先日は、ありがたいコメントを大いに参考にさせていただきました。

前回の資料を見ながら、まるでマニュアルを片手に走っている漂流船のような不安感が在る中で本当にありがたかったです。

今日は午後に更生保護女性会の理事会があるので、その前に地域をまわり1時からの会議に行かねばなりません。

また、小間切れ時間になります。合間に役所で質問の打ち合わせをして夕方また地域廻りをする・・・・予定です。

更生保護女性会も本当は午前午後とありますが、今回は午後会議に出席して、早目に退席させていただきたいと願っていますが・・・

4月までの多くの行事の調整が大変です。

「無理をしない、焦らない、心にゆとりを!」と誓った年頭の所感が全くむなしく響きます。

あと45日・・・・自分の弱さに鞭打って・・・いってきます!